緑内障治療のために静岡の病院に転院しました

手術症例が豊富な病院で緑内障の手術を受ける

緑内障の診断に頭が真っ白 | 失明を避けるため手術を視野に転院を決意 | 手術症例が豊富な病院で緑内障の手術を受ける

ありがたいことに転院した1か月後に手術を受けることが出来たので良かったです。
あのまま元の病院にいたら、今でも点眼薬のみの治療だったはずなので、その間にどんどん症状が進行していったことは間違いありません。
手術を受けた後は眼帯をしたり、洗顔が出来無かったりと多少不便さはありましたが、失明することに比べたら大したことは無いと言えます。
手術後は以前より眼圧も下がり、本当にホッとしました。
点眼薬も何種類も使用していましたが、今は使用する点眼薬が少なくなったのも嬉しいです。
緑内障は放置しておくと失明する恐ろしい病気ですが、点眼薬や手術を受けることで、そのリスクを大きく下げることが出来ると実感しています。
そのためにも受診する眼科や医師を選ばなければいけないということも、よく分かりました。
信頼出来る医師に出会うことが出来たので、本当に幸運でした。
あの時勇気を出して転院したことは間違いでは無かったと自信を持って言えます。